ホスティングで変わるサーバ管理

ホスティングサービスを利用するとサーバ管理も変わってきます。



サーバーについてはVPSを利用したり、自社運用している企業も多いのですが、コスト面が大きな問題となっています。
コストについては主に2つに分けられ、1つは人員的なコスト、もう1つは電気代などのランニングコストです。
両者とも企業にとって小さくないコストであり、削減効果が大きな部分です。人的なコストについては多くが管理コストです。

管理者を雇えない企業も多いことからホスティングサービスに移行する企業が増えています。

ホスティングサービスではOS、アプリケーションの管理を一任できます。

アップデートから各種設定まですべておまかせできますのでコンテンツを作ることに集中できるのがメリットです。
VPSに比べて割高ではありますが、VPSは管理者が必要ですので管理者の人件費を考えるとホスティングの安さが分かります。
2つめのランニングコストも重要です。

NAVERまとめに関する有益な情報が満載です。

サーバーを動かすには購入費、電気代、管理費、空調費がかかります。これらは台数が増えれば比例して増えていきます。

そのため、月のランニングコストを考えるだけでホスティング費用よりも安くなると考えられています。



ランニングコストで重要になってきたのが電気代です。


サーバーは高性能で省エネタイプも登場していますが、負荷が高ければ電気代もかかります。省エネタイプと言えども月のランニングコストはサービス利用料よりも高くつくことが多いです。